一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

前回のみんなのイラスト部で描いた作品(まだ途中)です。
鉛筆画は色鉛筆にも通ずるのもあるし
色鉛筆は色を考えなきゃですが、色の練習より
今は筆運びの練習をしたいので鉛筆だけで描いてます。
ハッチングも使いこなせるようになりたいんですけどね。
ほわほわっとしたのが好きなので
今回はほわほわして綺麗な感じに仕上げたいなと思います。




先日レオナルド・ダ・ヴィンチ展に行ってきました。
ペン画を見たのですが、線がほっそ〜い。
でも細い線の集合体って何かあったかいですよね。
鉛筆(or色鉛筆)でもあの線を引けるのかなとかちょっとワクワクしました。
ダ・ヴィンチのスフマート技法(輪郭を描かない)は色鉛筆でやってみたいなぁと思います。
模写したいなぁ。

*****************

*D.Gworld主催のみんなのイラスト部は毎月2回、千葉の幕張で開催しています☆
みんなで楽しく絵を描きましょう♪
詳細はコチラ


JUGEMテーマ:アート・デザイン

先週のみんなのイラスト部で描いた鎧の人に少し加筆しました。

■頭身比率
世の中には色んな頭身の絵が溢れていますが、
はて、自分の好きな頭身ってどの頭身なんだろう?と思って
模索してみました。

人間の体の全体的な比率は上から2:1:1らしいです。
頭の先から股関節(股下ではなく、股関節です)までが2で、
股関節から膝までが1、
膝から足裏までが1。
これを基本に、頭身をいろいろ試してみました。




結果、私の好きな比率は8頭身でした。
でもただの8頭身ではなく
股関節から上が7頭身の比率、
股関節から下が8頭身の比率でした。

私はこの比率が好きだなと感じましたが、
他の人はそうではないかもしれません。
それは違って当然だと思います。
だって人それぞれ、顔の好みも違いますよね。
人は顔のパーツと比率を見てるんです。

私は自分の好きな絵を描くためには
自分の『好き』を探るのは大事だと思っています。
あなたも、まずは手始めに
自分の好きな頭身を見つけてみませんか?( ´ ▽ ` )ノ

■年齢による描き分け

私は赤ちゃん〜青年までは描けるのですが
青年〜老年となると描き方がよく分からないです。
なので、どうしたら描き分けられるのか研究をしてみました。
私の研究結果がこれです。

描き分けの教本を読んだ事がないので
本とは違う事を言っているかもしれませんが
個人的メモなので大目にみてください。

・目と眉間の幅はほぼ変わらない
目を基準にみた場合、顔の外側に向かって上下左右に大きくなる
・青年期は骨にしっかり肉がくっついているので
シャープな輪郭
・老年期は骨についていた肉がたるむ。
重力に引っ張られてたるむので、
顔上部は肉が薄くなり、骨ばった感じになり、
顔下部は上からの肉が下にたまり丸い輪郭になる。

よく、老人を描くのに慣れてない感じの人が
老人の鼻が大きく描いているのを見かけるけども、
あれは鼻上から鼻下にかけてのお肉が垂れて
大きい鼻に見えるからかなぁと推測。
鼻上部は骨ばって細くなるんじゃないかなと。

*****************

*D.Gworld主催のみんなのイラスト部は毎月2回、千葉の幕張で開催しています☆
みんなで楽しく絵を描きましょう♪
詳細はコチラ


JUGEMテーマ:アート・デザイン

鉛筆画シリーズ
​題材*人魚とおさかな



製作期間*2時間
画材*カラーシャープペンシル(Pentel PH158)
サイズ*100×148(ハガキサイズ)

 
*制作経過*
わかめっぽい人魚さんをずっと描きたいと思っていて
わかめを天女の羽衣っぽくして、
腰回りのヒラヒラはメカブっぽく描きたかったのですが
もうちょっと頑張らないとですね(笑)
今日はシャープナーを忘れて太いまま描いてたので
狙った線をはずしまくりです^^;

カラーシャーペンは今日初めて使ったのですが
芯が何となくねっとりしていて、
色が練りゴムで消えにくい。
さて、これからどうやって誤魔化そうかな(笑)

 
*みんなのイラスト部は毎月2回、千葉の幕張で開催しています☆
みんなで楽しく絵を描きましょう♪
詳細はコチラ



JUGEMテーマ:アート・デザイン

実験シリーズ
​題材*透明クレヨンの実験

本日のみんなのイラスト部で、私は
ちょっと前にゲットしたまま放置状態だった
透明クレヨンの実験をしてみました。
とろけるように柔らかくて、透明色だしで
まだ全然うまく使いこなせないんですよね。
以下は1時間くらい色々実験してみた様子。



あまり塗り重ねたり、ベッタリ全面に塗るよりも、
線画にアッサリ、軽く色を添えるような感じで塗るほうが
この透明クレヨンは向いてる気がします。
何かちゃんと描いてみようと思って1時間くらいで描いた一枚。↓




製作期間*1時間
画材*透明クレヨン、オイルパステル、ゲルインクボールペン、綿棒、コットン
サイズ*180×150mm

透明クレヨンだけだとぼやぁっとして締まりがないので
オイルパステルやゲルボールペンで輪郭を描きました。
透明感をどうしたら活かせるのかわからなくて、迷走した感じ。
仕上げに透明クレヨン(白)で伸ばしてみたら
にじみ(水彩の技法)っぽくて案外いい感じになりました(笑)

絵は一握りの天才を除いて、いきなり上手く描ける人はいません。
みんな人知れずこっそりこんな表現の実験を繰り返して
手や目を鍛錬し、『上手い絵』にまとめ上げているんです。
いきなり上手く描こうなんて思わなくて良いんです。
じっくり時間をかけて自分の絵を作って行ったら良いんです。
私はまだ高々20数年(30年近いですが)しか描いてません。
あなたは何歳ですか?
もし100年生きるとしたら、あと何十年残ってますか?
そんなに残ってるなら今から始めたって全然遅くはないでしょう?
描きたいなら描いたら良いんです。

しかし、透明クレヨン。
透明水彩が得意な人に触ってみてもらいたいなぁ。
透明クレヨンは貸すので誰か得意な方、来ていただけませんか(笑)

*みんなのイラスト部は毎月2回、千葉の幕張で開催しています☆
みんなで楽しく絵を描きましょう♪
詳細はコチラ

 
JUGEMテーマ:アート・デザイン

鉛筆画シリーズ
​題材*かけるかえる


(クリックで大きい画像が見られます)

製作期間*15時間以上
画材*シャープペンシル(HB、B)、鉛筆(B、2H、3H、5H、9H)、練りゴム、
定規、雲型定規、テンプレート定規、PhotoshopCC2014、Illustrator2014
サイズ*100×148(ハガキサイズ)

前回のメイキング記事は
こちら

*制作経過*
今回背景に大苦戦しました。
前回のメイキング記事で背景のラフはクリスタで、と描きましたが、
クリスタで描いた背景ラフはボツにして(いきなりパースにそって描くと
建物の大きさがわからなかったので)
結局Illustratorで平面地図を作成し、


Photoshopで変形ツールでパースをつけてから、きのこみたいに建物を上に生やし、

印刷をして、原画にトレースして描くという
なんとも面倒臭い事をしました。

こういう背景を描くのはほぼ初めてだったので

どうしたら効率よく描けるのかわからずに、
何度もやり直して時間がかかってしまいましたー^^;
なんでクリスタではなくPhotoshopにしたのかというと、
Illustratorの平面地図の段階で、
建物や道を何も考えずに斜めに配置しちゃったので
パースの設定がわけがわからなくなったからです(笑)
まだクリスタに慣れていないのもあって
Photoshopのほうが早いと思い、そちらで作業しました。

街並みを描き終えてから、何か足りない気がして
練りゴムで色を抜いて風と光を追加しました。
綺麗な曲線で色を抜けるように風は雲形定規を当てて、
光はテンプレート円定規を当てて色を抜きました。

なんだか色々(主に背景関係で)勉強になった作品でした(笑)

 
*みんなのイラスト部は毎月2回、千葉の幕張で開催しています☆
みんなで楽しく絵を描きましょう♪
詳細はコチラ

鉛筆画シリーズ
​題材*かけるかえる


(クリックで大きい画像が見られます)

製作期間*4時間+α
画材*シャープペンシル(HB、B)、鉛筆(B、5H)、練りゴム
サイズ*100×148(ハガキサイズ)

前回に引き続き『かけるかえる』です(前回記事はこちら

2015年6月27日(土)に京都で開催されるグループ展
taomoiya(2)』に向けて描いています^^@

今回はテーマが決まっていて「かけるかえる」という謎の言葉を
作家独自の感性で読み解いて作品で表すという
ちょっと面白い企画です^^*
主にみんなのイラスト部の時間を使って制作を進めています。

*制作経過*
今回はカエルくんとツバメさんを描きあげるつもりで描きました。
薄い色を密度を持って紙の上に載せたかったので、5Hの鉛筆を導入。
翼の細かな明るい部分は、一旦黒を載せたあとに、

練りゴムで抜いて、ハイライトの形を調整しながら進めました。
大体描けたので、あとは背景を入れて調整する感じです。

背景は、別でラフを作っています。
なので、紙の上では一旦全て消しました。
背景のラフはPCでCLIP STUDIO PAINT(通称クリスタ)を使って進めています。

クリスタは自分で設定したパースに沿って線を引く機能があるので、
『アナログで長定規を使って、消失点を紙の外に取って〜』
みたいな事をしなくても良いのでとても楽です。

今回描いているのは2点透視の背景なのですが、
最初に2点消失点を設定すると、あとは自分の筆の動きを感知して、
縦、横、高さの線をパースにそって描かせてくれます。
さすが文明の利器!
「PC使うなんてなんかずるい!」と言われる方も居るかもしれませんが、
私の目的は、アナログに固執する事ではなく、
良い絵を描く事。
なので、普段から適材適所でPCを取り入れたりしています。


まだ途中です。描いてはみたものの、
もっと写真を参考に比率を合わせないとと思うので
また変わると思います。

次回は、原画に背景が入ったものをアップします。
ちょっとあと1回のイラスト部では、開催までに間に合わないかもしれないので、
家である程度進めると思います。
次回イラスト部では仕上げの部分をやるかも。


*みんなのイラスト部は毎月2回、千葉の幕張で開催しています☆
みんなで楽しく絵を描きましょう♪
詳細はコチラ

鉛筆画シリーズ
​題材*かけるかえる


(クリックで大きい画像が見られます)

製作期間*-
画材*シャープペンシル(HB)
サイズ*100×148(ハガキサイズ)

イラスト部で描いている作品です。
描き終わってから上げようかなとも思ったのですが
制作記録で残すのも良いかなと。
前回の龍と同じく、気づいたら大作になりそうな感じです^^;

この絵は今夏6月27日(土)に開催される展示会
taomoiya(2)に出展する作品です。
今回はテーマが決まっていて「かけるかえる」という謎の言葉を
作家独自の感性で読み解いて作品で表すという
ちょっと面白い企画です^^*

*制作背景*

お題をもらってから、「かけるかえる」って何だろうと色々考えました。
真っ先に入ってきたのが「かえる」だったので
カエルで描こうというのはすぐに決まったのですが、
「かける」が何かが決まらない。
「駆ける(走る)」「掛ける」「描ける」「×(四則演算)」とか。。
で、考えたのがこの構図↓



構図は頭の中で考えるので、これはブログに上げるように
さっきぐしゃぐしゃっと描いたものですが)

「◯◯×カエル」で、
シロクマのおでこにカエルが張り付いている図。


でも、何か足らないなぁと思って自分の中で微妙だなぁと思いつつ、
とうとうイラスト部の日になってしまい、これで行くしかないかなぁと思ってたら
天の導きが!

幕張の駅に降りて、駅を出ようとした時に、私の前をツバメが横切ったんです。
これだ!!と閃いて、一気に決まりました。
かけるかえる→あまかけるかえるツバメに乗った天(あま)翔けるアマガエル!!


ツバメとカエルは共に縁起の良い動物です。
ツバメは幸運を運ぶ象徴ですし、カエルは福帰ると言われ、
また子供をたくさん産むことから子孫繁栄などの意味を持つ縁起の良い生き物とされています。
(金帰るという事でお財布にカエルのお守りを入れたりしますよね)

最初に考えていたシロクマ×カエルだったら多分2時間くらいで描けたと思うのですが、
ツバメとカエルを描き出したら街並みの鳥瞰図なんかも入れたくなって
どんどん大作化@@;

元々背景が苦手な上に、描いた事もない鳥瞰図なんて描きたくなっちゃったから
慣れていなくて時間がかかる@@;
街の比率からして左上のくじらがデカすぎますが、
良いんです。
うちのマスコット動物の1つなので(笑)

多分次回はこれの続きを描く事になると思います^^*
制作過程を見て見たい方はイラスト部に遊びに来てね☆

 
*みんなのイラスト部は毎月2回、千葉の幕張で開催しています☆
みんなで楽しく絵を描きましょう♪
詳細はコチラ


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • とらかめ舎の島とまと。
    D.G
  • とらかめ舎の島とまと。
    ユーミ
  • もしも僕がいなくなったら
    とっちゃん
  • 日記をかこう♪
    D.G
  • 日記をかこう♪
    とっちゃん
  • 会社。
    D.G
  • 会社。
    はゆる
  • プレススタート!
    D.G
  • プレススタート!
    鞠雪
  • はつねつそーたい
    D.G

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM